top of page

R系 MINI ラムダーセンサー (O2センサー)

更新日:2021年9月3日

こんにちは


プロゼロの葉内です。


なぜかこの時期になってR系MINIに乗っているお客様から「チェックランプが点灯しました!」との報告を多くいただいています。

↓こんな感じのマークです。


来店頂いて確認をするとほとんどがラムダーセンサーの1番(前側)でエラーが出ています。


確認後履歴を削除して警告は消えます。

そのまま大丈夫な車両もあれば、再度点灯してセンサー交換になる車両もございます。


大切なMINIがチェックランプが付いていると何かと不安ですよね?


少しラムダーセンサーの説明です。


語彙力の無い私なので・・・・大手サイトより引用いたしました・・・・


ラムダセンサーとは、自動車の排気ガスに含まれる酸素を検知して理論空燃比(ラムダ=1)を維持するための制御を行う装置である。 特別な場合を除き、三元触媒の前に設置されて理論空燃比を保つよう燃料の供給が調節されるが、勾配のきつい坂道など走行環境の変化に応じて空燃比の値は調節される。

何が言いたいかというとガソリンの濃さを調整してくれる装置と思っていただければ大丈夫です。

ラムダセンサーの警告が点灯しているからってすぐにMINIが止まったり、走らなくなったりするわけでは無いのでご安心ください。


こう言うふうに書くと「チェックランプ付いているけど大丈夫なんだ!」とは思わないでくださいね^^;

そのほかの箇所が原因でチェックランプが点灯している可能性もありますのでチェックランプが点灯したらまずはご連絡ください。


診断機での確認には特に予約はしなくても大丈夫ですが、来店前に一度電話を頂けると助かります。


そして本日もまたこの症状のMINIが再度点灯したのでセンサーを注文して在庫も持つようにしました。


交換時間も早いので診断から1時間以内で作業が完了します。


#ラムダーセンサー #MINI #R系ミニ #R56 #R60 #R55

閲覧数:268回0件のコメント

関連記事

bottom of page