top of page
  • 執筆者の写真高間

MINI、冬の悩み。


こんにちわ^^

プロゼロ伊勢崎店の高間です


日々ニュースで「今年一番の寒さ」とか「大寒波」なんてワードが

飛び出している今日この頃でございますが

皆様、お車の体調はいかがでしょうか???


これだけ寒いとヒトも車も体調が悪くなるというもんで・・・


整備のY氏に、寒くなると起きやすいトラブルって何ですか??

と聞いたところ


「パッキン系(ゴム系)のトラブルですかね」との返答が。


なんですと!?

なぜ寒くなるとパッキン系!?



車って意外とゴムパーツを使っているのですが

そもそもパッキン(ゴム)は接続部分の密閉に欠かせないものでして。


なのに、ゴムって劣化してしまうんです。。。

(これは車に使われているゴムに限らずの話です)


ゴムが劣化してくると、硬くなります。

追い討ちをかけて寒さで、ぎゅーーーーっと硬くなって縮こまります。

そうすると隙間ができてしまいます。


ここで問題が起きます。


密閉したくてゴムを使って堰き止めているのに

ゴムが硬くなって隙間ができると・・・

そうです。中身が漏れます。


さらに。外気温は寒いのに、車が温まってくるとゴムが少し膨張します。

そうすると、隙間が埋まって中身の漏れが止まります。


でも車が冷えてくると、またゴムがぎゅーーーーーっとなり。。。


これが繰り返された結果エンジンルーム内にあるパッキンで堰き止めていた

液体が漏れ出してしまうのです。。。


これにより、エンジンオイルや冷却水などの漏れトラブルが出てきてしますのです・・・


万が一エンジンオイルや冷却水が漏れ出して、規定値より少なくなると

チェックランプが点灯しますし

車の下がビチャビチャになったりと、車からSOSが出てきますので

気づいたらご連絡ください!


「一回見てみましょう!」

「寒い時あるあるなので大丈夫です!」

など

葉内店長と整備のY氏が的確な判断をしてくれます♪


早めの診断で、快適なMINIライフをお楽しみください♪




以前書いたブログにチェックランプの詳細があるので是非見てみて下さい♪



#ミニ #オイル漏れ #ゴム #パッキン #交換 #修理




閲覧数:73回0件のコメント

関連記事

Comments


bottom of page