top of page

車検の外装検査✅

更新日:2022年7月3日

こんにちは、Pro-Zero伊勢崎店の永井です!




今回は、車検の外装検査について書いていこうと思います♪

(私が実際に体験しているコースになりますので

順番が異なる場合がございますがご了承ください)


1ウィンカー、ライトのチェック

2.ウォッシャー、クラクションのチェック

3.エンジンルームでのチェック


この3点をご紹介させていただきます!!


まず1つ目、ウィンカー、ライトのチェック

  • ウィンカー左右の確認

  • ライトのロービム、ハイビームの確認 フォグランプの確認

なぜチェックをするのか・・・

ライトが割れていないか、あるいは水が浸水していないか

ライトは、車が安全にに走行するために欠かせない重要パーツであります。

また、ヘッドライトは道を照らすだけでなく、他のドライバーや走行車に伝える役割があるあります。なので、曇っていたりすると車検NGになる可能性があります!


2.ウォッシャー、クラクションのチェック

  • ウォッシャー液の噴射具合

検査理由・・・

フロントガラスとリアガラスの汚れ取るため、視界を良好にするため。

フロントのウォッシャーが正常に機能していないと車検NGになってしまいます!        


  • ワイパーの動作

検査理由・・・

雨や雪を掻き取るため。仮にワイパーが動作していないと前が見えず危険な状態になるため

正しく動くかの確認のため。フロントワイパーが正しく動作しないと車検NGになってしまいます!


  • クラクションの音量

検査理由・・・

音量不足や音に異常がないかのため。


  • エンジンルームでのチェック

車台番号とエンジン型式が車検証データと相違がないかを確認します。


検査理由・・・

車検を受ける時、車検証と車が合っていることを確認するからです。

車体番号(国有番号)、エンジンの載せ替えをしていないを見ています。



このように、検査の進めていきます!

また、車検について書いていこうと思います!

ぜひ、読みに来てください♪



閲覧数:42回0件のコメント

関連記事

Comments


bottom of page